司法書士「元木翼先生」のセミナー「認知症対策の切り札! 今日から始める家族信託」


 

認知症で資産は凍結される?親族は成年後見人にはなれない?家族信託契約とはどのようなものなの?
超高齢化社会となった現代で現実の問題となってきた認知症問題。家族が幸せな関係を維持していくために、家族の資産を守る方法として話題となっている家族信託について終活・相続関連の実績累計1,000件を超える司法書士法人ミラシアの 元木先生が分かり易く解説いたします。

  • ご自身やご親族の認知症対策・相続対策について考えはじめた方にとっては必聴の内容です。

  • ▼こんなことが学べます!

    ✔高齢化で考えるべきことは
  • ✔認知症になるとどんな問題が起こりうる?
  • ✔ 認知症になった後の対応策は?
  • ✔ 認知症対策として注目を浴びる家族信託とは?
  • ✔ 家族信託でかかる費用はどれくらい?
  •  
  •  



  • ■ このようなお悩み、ご希望はありませんか?

    ・認知症になった時に親族に迷惑をかけたくない。どうしたらいい?
    ・親の介護の費用を負担するとなると余裕がない。認知症で親の資産が凍結されないようにするためには?
    ・相続で争わないようにするためにはどうすればいい?


    ■ 本セミナーの対象
    70歳を超える方を親族に持つその親族
    もしくは本人が70歳を超えた方

こんな方に特にお勧め

  • ・自分が認知症になった時に子どもたちになるべく迷惑をかけたくないとお考えの方
  • ・親は財力があるが、自分は子育てなどで親の介護費用を負担しきれない。万が一のための準備をしておきたい
  • ・近ごろ親の記憶力に不安を感じるようになった
  • ・親の資産を適切な形で維持していくための方法を知りた


セミナー開催日

現在開催予定はありません

9月8日(日)16:30〜

セミナー概要

時間 各回約60分。
参加費 無料
参加特典

住まいの税金ガイドブックをプレゼント

  • ※セミナー後のアンケートにご協力をお願いいたします。
  • ※オンライン受講で特典をご希望の方は、予約フォームに住所のご入力をお願いいたします。
  • ※特典はどのセミナーに参加いただきましても1家族につき1回限りとなります。
受講方法

■オンライン受講
インターネットの環境があれば、ご自宅などお好きな場所から受講いただけます。
(Zoomウェビナーシステムにて配信しております)

■住まいの情報館にて受講
東京都渋谷区千駄ヶ谷の住まいの情報館にご来館いただき、テレビモニター等で受講いただくことも可能です。

※受講方法は各月のセミナー予約フォーム内でお選びいただけます

 

セミナー内容

家族信託
いつ契約するもの?

家族信託は生きているうちに行うのはもちろんですが、判断能力が低下する前に行うことが必要です。

家族信託は
必要なの?

認知症発症割合などを考えると相続税対策より数倍必要な人が多いのではないかと考えられます。

認知症で資産凍結
どのような場合?

生活する中では法律行為を行うことは数多くあります。預金の解約や引き出し。不動産の契約。相続。このような法律行為は判断能力が無いと基本的に出来なくなります。

成年後見人制度で
資産凍結リスクを回避できない?

判断能力がなくなった後に行う対応としては成年後見人制度を利用する以外の方法は無く、それにより出来る事もございますが出来ない事もあります。またコストの問題も起こるかもしれません。具体的にお伝えします

家族信託とは?
何と考えればいい?

「家族」を「信」じて、財産の管理を「託」し、託した財産を誰に引き継がせるのかを決めておくことが出来る制度といえます。資産管理と遺言の効果を持たせることも出来ます。

家族信託
コストはいくらかかる?

家族信託の契約を行いますが、信託口口座の開設や公証役場において公正証書を作成するなどがございます。ミラシアで家族信託の契約作成・相談など一式を請け負った場合の費用例など具体的にお伝えします。

講師:ゲスト講師

住まいの情報館で家族間契約に関してご相談にのっていただいている経験豊富な司法書士法人ミラシアの先生にゲスト講師として登壇していただいております。豊富な経験と分かりやすい説明で受講者の方の信頼が非常に厚い先生です。

 

画像
【講師】

司法書士法人ミラシア・行政書士法人ミラシア代表
株式会社ミラシアコンサルティング代表取締役

元木 翼(モトキ ツバサ)

【プロフィール】

千葉商科大学特別講師一般社団法人OSD よりそいネットワーク理事
日本弔い委任協会 理事 生前対策実務家倶楽部ミラシア 代表
早稲田大学教育学部英語英文学科卒業。
2010年司法書士・行政書士登録後、大手司法書士法人勤務を経て、2017年独立開業。
相続、遺言、後見、家族信託などが専門。
終活相続関連の相談実績は累計1,000件を超える。

画像
【講師】

司法書士法人ミラシア・行政書士法人ミラシア代表

株式会社ミラシアコンサルティング 司法書士

永井 悠一朗(ナガイ ユウイチロウ)

【プロフィール】

中央大学法学部法律学科卒業
2014年司法書士登録
大手司法書士法人での勤務を経て、2019年司法書士法人ミラシアに入所
専門は相続・遺言・後見・家族信託。
これまで100件以上の家族信託の組成に携わり、様々な制度を比較した丁寧で分かりやすい説明に定評がある。
金融機関において信託契約書のリーガルチェックを行っていた経験もある。


■司法書士法人ミラシア■
【コーポレートサイト】
https://mirasia.or.jp/
【Mirasia Times ~相続・遺言・家族信託に特化した分かりやすい生前対策情報サイト~】
https://mirasia-times.jp/

おすすめセミナー

- WEBでお問い合わせ -

- お電話でお問い合わせ -

住まいの情報館 (あなぶき興産)

営業時間:10:00~17:30

定休日:火、水、第2木曜日(祝日除く)

0120-406-051